(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

【短答】財務会計論難しい人が点数を取るための方法【3選】

 

 

財務会計論は200点満点です。

 

ますたん
短答の4割を占めているので、鍵を握っています♪

 

結論から言えば、点数に着目すればそこまで難しくはありません。

 

1.財務会計論難しい人

財務会計論難しい人

 

財務会計論は一番覚えることが多いといえます。

 

配点が多いので勉強量も多いのです♪
ますたん

 

公認会計士試験というだけで難しく物怖じしてしまうこともあります。

 

ですがポイントを押さえればある程度点数を取れるようになるのです。

 

2.難しいからややこしいへ

難しいからややこしいへ

 

難しいと感じてしまうと考えることを止めてしまいがちです。

 

ますたん
これはややこしいなに置き換えて一つ一つ分解する癖をつけましょう♪

 

長文になると文字を読むのが億劫になり、自然と拒絶してしまいがちかと思います。

 

読みやすいように文章を加工して、ひとつひとつ丁寧に読んでいきましょう♪
ますたん

 

思っていたよりも難しく感じないはずです。

 

3.財務会計論難しい人が点数を取るための方法【3選】

 

財務会計論難しい人が点数を取るための方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.重要性を意識

重要性を意識

 

先ずは、重要性を意識です

 

勉強を行っていると誰でも得意不得意が出てきます。

 

そんな時に得意を伸ばした方が良いのか不得意をなくした方が良いのかと考えがちです。

 

これに関しては不得意をなくして簡単な問題はどんな問題でも解けるようにしていく必要があります。

 

ますたん
ですがそれ以前に受信の得意不得意ではなく、重要か否かで判断することを覚えましょう♪

 

専門学校による過去問の分析から重要性を把握して客観的に理解できるようにするのです。

 

自分が解けるかどうかよりも、他の人が解けるかどうかを客観的に判断して、そこに自分が合わせられるようにしていきましょう♪
ますたん

 

3-2.諦めが肝心

諦めが肝心

 

次に、諦めが肝心です

 

ますたん
勉強を止めろと言っているわけではなく、解けない問題はあきらめることも必要ということです♪

 

問題の重要性を把握して解ける問題と解けない問題分類します。

 

ただその中にも解けそうに見えて解けない問題もたくさんあるでしょう。

 

手をつけてしまった場合にはどうにかしてこの問題を解こうと思いがちです。

 

事実的には体感で判断するしかありませんが、分かりそうにない場合には潔く諦めましょう♪
ますたん

 

もっと簡単な問題がたくさんある場合、圧倒的に点数が低くなってしまいます。

 

これに関してはあなたが難しいと感じている問題を解いているからです。

 

逆を返せば、簡単な問題を自分が解いていないという可能性もあります。

 

ますたん
難しい問題は早めに諦めて簡単な問題に移行しましょう♪

 

時間が無くなってしまえば簡単な問題をといったとしても焦ってしまって正しい回答に結びつかないこともあります。

 

いかに簡単な問題を解くのかが重要なのです。

 

3-3.考えずに感じる

考えずに感じる

 

最後に、考えずに感じるです

 

理論なども勉強をしていると計算問題も考えてしまいがちと言えます。

 

本来ならばそれが正しい解き方ではありますが、試験においてはその考えを捨てましょう♪
ますたん

 

筆者もこの考えは大嫌いですが、試験において時間的制約がある中で点をとるためには、『解ければ良い』という考えが必要なのです。

 

ますたん
問題を見た瞬間体が勝手に動き出すようにしていきましょう♪

 

結論:点数に着目

 

財務会計論難しい人が点数を取るための方法【3選】

・重要性を意識

・諦めが肝心

・考えずに感じる

 

過去問において点数が割り振られている箇所を把握してみてください。

 

もしそれが重要性の高い問題でありとかなければいけないとすれば、問題文が難しかったとしても、解答は簡単に出るはずです♪
ますたん

 

基本的には点数が割り振られているところを簡単に算出できるかどうかが重要と言えます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog