Think(考える)

節約をするために考えるべき買い物のコツ【3選】

 

 

節約をするときに考えなければならないのが買い物です。

 

ますたん
何も考えずに食材を買っていると、想像以上に食費がかかってしまいます♪

 

ではどのようにして買い物を行わなければいけないのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、無駄が出ない範囲で安いものを購入して料理を行う癖をつけましょう。

 

1.節約と買い物

 

食費は思っている以上に家計を圧迫します。

 

100円に200円程度のものであっても、量を買っていれば結構な額になるでしょう♪
ますたん

 

細く感じますが節約をするためにはその程度の意識は必要です。

 

ますたん
どうしたら食費の総額を抑えることができるのか考えていきましょう♪

 

2.外食はなるべく避ける

 

大前提として外食はできる限り避ける方が良いです♪
ますたん

 

なぜなら、料理を提供するためには食材を仕入れてキッチンスタッフやホールスタッフなどを雇い、給料を上乗せする形で料理の料金が決まります。

 

単純に考えただけでも、自分で作るよりも遥かに高くなってしまうのは言うまでもありません。

 

状況に応じて極端に控える必要はないかもしれませんが、節約をする時くらいは回数を減らしたり、安価な所に行きましょう。

 

3.節約をするために考えるべき買い物のコツ【3選】

 

節約をするために考えるべき買い物のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.グラム単位

 

先ずは、グラム単位です

 

お肉などは特に値段で見ていると失敗しがちかもしれません。

 

ますたん
安いからと買ってみたものの、量が少ないだけかもしれないからです♪

 

そんな時にグラム単位で考えていけば、金額が明らかになってきます。

 

他のお店と比べることもできるのでおすすめです♪
ますたん

 

3-2.チラシ

 

次に、チラシです

 

今日は何が安いかはチラシに表示してあります。

 

作るものを決めてから買い物に行くと、値段が高くても買わなければいけなくなってしまうかもしれません。

 

安いものを購入して、何を作るかを決めていきましょう。

 

ますたん
買ってきた食材同士を入力して検索すれば料理がでてきます♪

 

買いに行った時に検索すれば、必要な食材と金額の総額も分かるでしょう。

 

3-3.コスパ

 

最後に、コスパです

 

安いだけでは意味がありません。

 

せっかくグラム単位で安く買ってきたのにも関わらず、脂身が多かったり、痛んでいたり、骨や他の食材が混じっていれば、安いかわからないです。

 

下手すると、金額が高い方が安いかもしれません。

 

しっかり計算するのであれば、数量や大きさ、質までチェックしましょう♪
ますたん

 

結論:安くて質が良いもの

 

節約をするために考えるべき買い物のコツ【3選】

・グラム単位

・チラシ

・コスパ

 

何と言ってもコスパ重視で買い物を行っていくことが大切です。

 

ますたん
そのためにはチラシを見たい、その時安いものを判断して購入してくる必要があります♪

 

普段から買い物に行った時に、大体の商品の値段の感覚を覚えていると良いでしょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog