Think(考える)

【固定給の落とし穴】仕事は適度にサボることが大切な理由と対処法【3選】

 

大体の方が固定給で働いているのではないでしょうか?

 

そんな中、それを不満に思っている方も多いです。

 

なぜなら、努力が必ずしも給与に反映されているとは限らないからです。

 

結論から言えば、固定給という安定的な性質を考慮して冷静に対処していくことで、悩みは解決することになります。

 

そこで今回は以下のことを、ご紹介していきます

 

1.固定給とは

固定給とは

 

固定給とは、日・月・年など時間で固定された金額が給与として支給される場合です♪

 

これとは別に、「歩合」と呼ばれるような能率に応じて支給される給与形態もあります。

 

ですから、固定給の場合にはその中でどのような働きをしても基本的には同じ給与額です。

 

これに対して、歩合の場合には自分がどれくらい仕事をこなしたかに応じて支給されることになります。

 

2.なぜ適度にサボることが大切なのか

なぜ適度にサボることが大切なのか

 

固定給は前述した通り、どのような働きをしても同じ給与額です♪

 

よって、真面目に働いている方程不満に思ってきた方が多いでしょう。

 

逆に、不真面目に働いてきた方の場合、不満は相対的に少ないはずです。

 

だからと言って、仕事を完全にサボるわけにもいきませんよね。

 

ですから、適度な休憩でありサボることを少し頭に入れておく位の余裕は大切なのです

 

3.固定給で適度にサボることへの対処法【3選】

固定給で適度にサボることへの対処法【3選】

 

固定給では適度にサボることは大切です♪

 

ですが、仕事をサボることが大切になっている状況は、正常ではありません。

 

では、そのような場合にはどうしたら良いのでしょうか

 

固定給において、サボることが大切になっている状況への対処法【3選】を、以下でご紹介していきます。

 

3-1.昇給の交渉

昇給の交渉

 

先ずは、昇給の交渉です

 

会社側があなたの努力に気付くことが理想ですが、人数が多ければ多いほど気付かない場合も多いでしょう。

 

ですから、自分からアクションを起こして働きかけることが大切です。

 

言いずらい場合も多いでしょうが、言うべき時には言うことが大切です。

 

話しを分かってくれる会社の方々なら勿論、黙っているから大丈夫だろうと思われてしまう可能性もあります。

 

言った程度に嫌うような方から好かれる必要はありませんので、心配はいりません

 

積極的に会社に伝えるようにしていきましょう。

 

3-2.副業に力を入れる

副業に力を入れる

 

次に、副業に力を入れることです

 

隠れて行うことはあまり良い結果を生まないでしょう。

 

ですから、副業しても良い会社の場合には副業に力を入れるのもありです。

 

今すぐに、安定的な収入が無くてはならない場合には、アルバイトなどで働くことも良いです。

 

そうでないなら、以下のこともおすすめです

・資格などの勉強

・絵、写真、動画、サイト、あらゆる編集技術

 

このような、資格の勉強など新しい知識の獲得や、自分で収入を得られるようなクリエイト的技術を磨くことも大切です。

 

3-3.転職・自営業の検討

転職・自営業の検討

 

最後に、転職・自営業の検討です

 

会社に話をしても変わらないし、副業もダメなことになっている場合、転職や自営業も検討しましょう♪

 

基本的に固定給で他の人との比較において不満を感じる方は、自発的に努力できる方です。

 

ですから、それを転職活動や自営業を行う準備にあてることも可能でしょう

 

勢いは大切ですが直ぐに感情的に行動するのではなく、冷静に計画していきましょう。

 

まとめ

 

固定給で適度にサボることへの対処法【3選】

・昇給の交渉

・副業に力を入れる

・転職、自営業の検討

 

このように、固定給には安定しているという反面、今回ご紹介したようなデメリットもあります♪

 

そんな中、昇給して貰えれば安定した給料が増えるわけです。

 

もし昇給して貰えなくても、安定給を残したまま副業などにより収入を増やせる可能性はいくらでもあります。

 

メリット・デメリットを合わせて検討していきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog