Bookkeeping(簿記)

帰納的と演繹的は何て読むの?帰納的に行動して結果を残す方法【3選】

 

 

ますたん
勉強していると帰納的と演繹的ってよく目にしますよね♪

 

ですから、しっかり違いを把握していくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、問題解決法であり両者の違いを把握して帰納的方法により考えていくことで、結果を残しやすいのです。

 

1.帰納的と演繹的の読み方

帰納的と演繹的の読み方

 

帰納的と演繹的は、勉強をしていないと逆にあまり目にすることはないですよね。

 

読み方は以下の通りです

帰納的:きのうてき

演繹的:えんえきてき

 

聞いても、ピンとこないような読み方ですよね。

 

ますたん
ですが、良く使うことがあるのでこの際に覚えてしまいましょう♪

 

2.帰納的と演繹的の簡単な意味

帰納的と演繹的の簡単な意味

 

帰納的と演繹的を調べると難しく書いてあることが多いです。

 

ですから、簡単に説明すると以下のようになります

帰納的:現状の事例をまとめて結果を探る

演繹的:一般的に言われていることと照らし合わせる

 

何か問題があった際に、その問題の解決法をどのように探るかの違いです。

 

ますたん
ですが、これは通常の考え方としても利用できるのです♪

 

3.帰納的に行動して結果を残す方法【3選】

帰納的に行動して結果を残す方法【3選】

 

帰納的に行動して結果を残す方法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.事実を重視

事実を重視

 

先ずは、事実を重視することです

 

ますたん
帰納的な方法によると、現状の事例から導き出すことです♪

 

ですから、より事実を重視していけるのです。

 

演繹的に今まで言われてきたことは普遍的なことが多いです。

 

ですが、それを直接的に今利用できるとは限りません。

 

帰納的に考えればその問題の弊害が少ないのです。

 

3-2.具体的行動

具体的行動

 

次に、具体的行動をすることです

 

ますたん
演繹的に考えられる場合、普遍性は高いですが抽象的なことも多いです♪

 

ですから、直ぐに行動に反映できるように、具体的に考える必要があるのです。

 

その際において帰納的な考えは優れています。

 

なぜなら、現状の事実はより具体的で理解しやすいことだ多いからです。

 

3-3.経験という強み

経験という強み

 

最後に、経験という強みです

 

ますたん
演繹的というのは、前提が「真」ようは100%間違いがないことです♪

 

簡単に言えば、「間違いのないことから考えているんだから間違えてるはずないでしょ」という考え方です。

 

逆に、帰納的な考えには失敗はつきものですが、迅速な行動で失敗は起きます。

 

ですから、経験を多く積み問題解決できるようになるとともに、結果を残せる機会も多いのです。

 

結論:帰納的な考えを探ることが結果を残すカギです

 

帰納的に行動して結果を残す方法【3選】

・事実を重視する

・具体的行動をする

・経験という強み

 

このように、それぞれ良さはありますが基本的には帰納的な行動を心掛けることが重要です。

 

帰納的と演繹的は、なにか基準を作る際にも利用される考え方です。

 

勉強をしている方は、よく目にするかもしれません。

 

ますたん
社会人の一般常識としても理解しておきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)

© 2022 masutannblog