Think(考える)

企業法における覚え方のコツ【3選】

 

 

ますたん
企業法における覚え方は、合格の鍵を握ります♪

 

内容が多いので、考えながら効率的に覚えていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、効率的に覚えるためにもいくつかのコツがありますので、コツを的確に覚えていることがあります。

 

1.企業法における覚え方とは

企業法における覚え方とは

 

企業法には多種多様な覚えることがたくさんあるのです。

 

ただ普通に覚えていたのでは、覚えていくごとに最初に覚えたものを忘れていき忘却との戦いを制することができません。

 

公認会計士の勉強の中では、法律なので決まりきっていることが出題され比較的点数は取りやすいといえます。

 

ですが、覚えることが苦手な方にとっては苦手科目と考えられるのです。

 

2.闇雲はNG

闇雲はNG

 

ただ闇雲に覚えていくと、内容が把握できず頭に定着しません。

 

ますたん
どのように覚えれば全体を覚えられるか考える必要があるのです♪

 

考えることは覚えるための1種の計画と言えます。

 

計画的な覚え方が効率的に覚えていくためには、必須なのです。

 

3.企業法における覚え方のコツ【3選】

企業法における覚え方のコツ【3選】

 

企業法における覚え方のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.区切りを明確に

区切りを明確に

 

先ずは、区切りを明確にすることです

 

区切りを明確にすることで、知識を一つのブロックとして覚えられます。

 

そのブロックを積み重ねていき、合格点を勝ち取るイメージです。

 

ますたん
機関設計・資金調達など明確な区切りがありますので大切にしていきましょう♪

 

いくつかの区切りを明確にしておくことで紛らわしいものも、間違わずに済みます。

 

3-2.比較しながら

比較しながら

 

次に、比較しながらです

 

公開会社・非公開会社、取締役設置会社・非取締役設置会社など比較して考えることです。

 

また、株式会社と持分会社など比較できるところはたくさんあります。

 

ますたん
その比較を把握し、違う部分同じ部分を正確に覚えていきましょう♪

 

理由を覚えてしまえば、正しく暗記していくことができます。

 

3-3.簡単なところから

簡単なところから

 

最後に、簡単なところからです

 

ますたん
難しく感じるところは飛ばし簡単なところから覚えていきましょう♪

 

心がけるだけで効率的な暗記が可能です。

 

1つのことを覚えている間に別の論点を忘れてしまっていることに気づきましょう。

 

回転率を上げていくことで徐々に記憶が定着していきます。

 

ますたん
簡単なところを中心に少しずつ広げていくことが大切です♪

 

結論:趣旨を模索

 

企業法における覚え方のコツ【3選】

・区切りを明確に

・比較しながら

・簡単なところから

 

趣旨が分かれば暗記はスムーズです。

 

ますたん
趣旨を把握しながら、区切りを大切に比較しながら覚えていきましょう♪

 

簡単なところから覚えていけば、徐々に難しいところも理解できるようになってくるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog