(Management Accounting) 管理会計 Accounting(会計)

管理会計が向いている人の特徴【3選】

 

 

ますたん
試験では管理会計の内容は多種多様な出題がされます♪

 

中にはあまり勉強をしていないのに点数が取れてしまう人もいるのです。

 

驚くべき事実ですが、得意な人の特徴を真似していくことで自分もある程度点数を取れるようになるかもしれません。
ますたん

 

結論

結論から言えば、シンプルに物事を考えられる人は有利です。

 

1.管理会計が苦手な人

管理会計が苦手な人

 

ますたん
管理会計が苦手な人は、他の会計の教科と同様物事を深く考える人でしょう♪

 

最終的には深く考える人の方が、当然理解は深まります。

 

ただし、管理会計の場合には実際に活きてくることはあまりありません。

 

なぜなら実務で管理会計を利用する方はごく一部と言えるからです。

 

詳細な理解ができるようになる前に、勉強をやめてしまう事も多々あるでしょう♪
ますたん

 

2.得意になるべき理由

得意になるべき理由

 

管理会計を勉強するにあたり得意である必要があります。

 

ますたん
得意に感じているということは、ある程度問題が解けるようになっている状況でしょう♪

 

人は得意なものを楽しいと感じるようになります。

 

少しでも得意になれば相乗的に管理会計が好きになっていき、さらに得意になっていける可能性があるのです。

 

3.管理会計が向いている人の特徴【3選】

管理会計が向いている人の特徴【3選】

 

管理会計が向いている人の特徴【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.読解力がある

読解力がある

 

先ずは、読解力があるです

 

管理会計は文章で出題されることも多々あります。

 

出題でなくとも、状況を把握できる読解力が必要です♪
ますたん

 

現状が把握できなければ、計算の仕方は分かりません。

 

ますたん
テキストを覚えるだけでなく、読み解く力が大切です♪

 

3-2.形式に当てはめられる

形式に当てはめられる

 

次に、形式に当てはめられるです

 

管理会計は自身の考え方のもと計算を行うものではありません。

 

計算の元となる知識がしっかりと決められています。

 

現状を把握した後その形式に当てはめる必要があるのです。

 

現状と形式を把握して、適切な計算ができる方は得意と言えるでしょう♪
ますたん

 

3-3.論点を見分けられる

論点を見分けられる

 

最後に、論点を見分けられるです

 

ますたん
はじめのうちは、似ている論点の区別がつかなくなってしまうこともあるでしょう♪

 

この区別がしっかりつかなければ、方法はわかりません。

 

何の論点の話なのか瞬時にわかる必要があります。

 

繰り返し問題を解くなどすれば徐々に感覚が身についてくるでしょう。

 

結論:解けるようになる

 

管理会計が向いている人の特徴【3選】

・読解力がある

・形式に当てはめられる

・論点を見分けられる

 

実際自分が管理会計を得意だと感じるためには問題を解けるようになる必要があります♪
ますたん

 

問題を解けるようになるためには、点数が取れることが大切です。

 

ますたん
点数を取るためには、方法を知る必要があるでしょう♪

 

このように徐々に分解して考えることで、点数が取れるようになり問題が解けるので得意だと感じてくるはずです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog