Think(考える)

【僻み妬み嫉み】人を羨むのではなく尊敬すべき【理由と方法3選】

 

人に劣等感を感じることは誰しもあります♪

そこから羨むきもちに発展することがあるでしょう。

 

結論から言えば、人を羨むのではなく尊敬するようにして接していけば、自分も成長していけます。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます。

 

1.人を羨むとは

人を羨むとは

 

人を羨むきもちには2種類あります

①なんとなく羨ましい

②心底羨ましい

 

①の場合は、ちょっとした欲かもしれないので、気にしないでも大丈夫でしょう♪

 

ですが、②の場合には特になにか理由があります

例えば、相手が自分の努力していることで成功しているような場合です。

 

そのような時に、人によっては僻み・妬み・嫉みに繋がっていくのです。

 

2.なぜ尊敬すべきなのか

なぜ尊敬すべきなのか

 

僻み・妬み・嫉みを持っていてもなにも変わりません

 

また、捉え方によっては自分のできないことを実現しているひととも言えるでしょう。

 

ですから、尊敬すべきところもあるはずです♪

 

基本的には、自然に尊敬できる方から学べば良いです。

 

ですが、僻み・妬み・嫉みという強い感情のでる方が、そのことだけに関しては1番尊敬すべき人の可能性も大いにありえます。

 

捉え方を変えて、尊敬すべきところを試行錯誤していけば、自分も近付いていけます。

 

なにも変わらないより、1歩でも近づく術を学んでいきましょう。

 

3.人を尊敬する方法【3選】

人を尊敬する方法【3選】

 

人を尊敬する方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.相手の凄いところを探す

相手の凄いところを探す

 

先ずは、相手の凄いところを探すことです

 

自分が羨ましく思うとこを探しましょう♪

 

それが相手の凄いところです。

 

そこに尊敬の気持ちをもって、考えていくのが大切です。

 

逆に、自分のできないことを認めましょう。

 

3-2.相手の考えを学ぶ

相手の考えを学ぶ

 

次に、相手の考えを学ぶことです

 

あなたの思っている結果を出せている方がどのような考えを持っているか知りましょう。

 

あなたが考え過ぎの可能性もありますし、考えなさ過ぎの可能性もあります。

 

考え方が根本的に違うかもしれません。

 

方向性を正すためにも、考えを知りましょう♪

 

3-3.相手の行動を真似る

相手の行動を真似る

 

最後に、相手の行動を真似ることです

 

やはり考えだけでなく、現実にどのように行動してるかが鍵を握ります。

 

自分でどうすることもできなくなった場合には、違う方法を模索する必要があります。

 

そんな時に、誰かの真似をしてみることは大切です♪

 

それが羨むひとなら尚、あなたの思っている結果に近づくことが出来ます。

 

まとめ

 

人を尊敬する方法【3選】

・凄いところを探す

・考えを学ぶ

・行動を真似る

 

人を尊敬するのは、無理に尊敬するものではありません。

 

ですが、このように学ぶべきところは多々あるのです。

 

勿論人ですから、「あの人は~なのに」と言うのがあるでしょう♪

 

ですが、そのような考え方には成長がありません。

 

自分が成長できるように、相手の尊敬すべきとこを考えていくことが大切なのです

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました⊂(^(工)^)⊃

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog