Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験の理論において行うべき対策【3選】

 

 

簿記試験における理論の出題は様々です。

 

ますたん
実際に試験で解くためにはある程度限定した勉強が必要になることもあります♪

 

闇雲に勉強範囲を広げることで何も覚えていない状況を作らないようにすることが大切です。

 

結論

結論から言えば、論点に重要性を見い出し自分の中で順位付けした勉強を心がけることが必要と言えます。

 

1.簿記試験の理論

簿記試験の理論

 

簿記試験といっても様々な試験があります。

 

簿記試験の種類

・公認会計士

・税理士

・日商、全経、全商

 

これらそれぞれの試験において理論の出題が考えられるでしょう。

 

もちろん個々の試験における対策が大切ですが、全ての試験において共通する感覚を身につけていく必要があります♪
ますたん

 

2.順位付けするべき

順位付けするべき

 

理論もどこから出題されるか分からないので、全て満遍なく勉強していこうと考えることもあるでしょう。

 

ますたん
基礎的な論点から勉強することは大切なことですが、全てを勉強しようと考えるのは危険です♪

 

勉強範囲からいくと到底覚えられる量ではなく、限定した勉強が必要になってきます。

 

どのような論点から出題されているのか、感覚を身につけていくと良いでしょう♪
ますたん

 

3.簿記試験の理論において行うべき対策【3選】

簿記試験の理論において行うべき対策【3選】

 

簿記試験の理論において行うべき対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.新論点

新論点

 

先ずは、新論点です

 

経済の移り変わりに従って簿記の会計処理は変わります。

 

ますたん
新たな取引が生まれれば、新たな会計処理が生まれるのです♪

 

昨今では海外の会計基準との兼ね合いから、新しい考え方が採用されてきています。

 

新論点は出題可能性がかなり高いので注意すべき部分です♪
ますたん

 

3-2.改正される論点

改正される論点

 

次に、改正される論点です

 

ますたん
改正が予定されている論点は、出題可能性が高くなってきます♪

 

なぜなら、今までの考え方を全く使わなくなるということは少ないからです。

 

今までと比較してどのように変わるのかが大切になってくるとすれば、今までの考え方が大切と言えます♪
ますたん

 

改正される論点について調べてみることも重要です。

 

3-3.普遍的論点

普遍的論点

 

最後に、普遍的論点です

 

ますたん
会計基準や概念フレームワークなど、会計の根本的な考え方は基本的にゆるぎません♪

 

つまり、注目されている論点ではなく唐突に出題される可能性のある論点です。

 

これらの項目が出題された場合には、誰も何も言えません♪
ますたん

 

なぜなら、どの時代においても大切であり、当然押さえておくべき知識だからです。

 

結論:重要性を考えた勉強

 

簿記試験の理論において行うべき対策【3選】

・新論点

・改正される論点

・普遍的論点

 

理論はとても深く範囲も広いので、闇雲に勉強すると多大な時間を要します。

 

ますたん
学者として活躍されたい方は時間を要してでも完璧に押さえていかなければなりません♪

 

ですが、大抵の人は資格を取得して働きたい方がほとんどなので、その場合には重要性を考えて勉強をしていきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog