(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記検定はどれがいいのか!?【結論:日商一択】

 

 

簿記を勉強しようと思った時どの簿記検定を受ければよいのか気になります。

 

ますたん
せっかく取得するのであれば、人生が変わるような簿記検定が望ましいです♪

 

どの簿記検定を取得するのが良いのか考えていきましょう。

 

結論

結論から言えば、日商簿記一択です。

 

1.簿記検定はどれがいいのか

簿記検定はどれがいいのか

 

簿記を勉強しようと考えた際に、どんな資格なのかも分からないでしょう♪
ますたん

 

自分が勉強したいと思っている資格とは異なる簿記のテキストを買ってしまうこともあります。

 

ますたん
どんな種類があるのか把握していかなければなりません♪

 

社会人は特に効率的な勉強を心がけていく必要があります。

 

2.色んな簿記検定がある

色んな簿記検定がある

 

簿記検定とはいっても様々な種類があるのです。

 

・全商

・全経

・日商

 

ここでは略称で失礼しますが、有名なのはこの3種類でしょう。

 

この中でも一般的に簿記検定と言われるのは日商です♪
ますたん

 

3.日商簿記一択な理由

日商簿記一択な理由

 

日商簿記一択な理由は、以下の通りです。

 

3-1.有名

有名

 

先ずは、有名です

 

簡単に考えても有名なことによる利益は大きいと考えられます。

 

簿記検定の中では王道なので、取得していることによる一定程度の保証は手堅いです。

 

相手が簿記の専門家として安心して話をすることができると思います。

 

ますたん
有名な資格を保有していることによるメリットは意外と大きいです♪

 

3-2.募集要項

募集要項

 

次に、募集要項です

 

会社側からの募集要項には、必要な資格が明記されていることもあります。

 

簿記検定が記載されている場合には、ほとんどが日商簿記です♪
ますたん

 

もし就職などで使う場合でなくとも、必然的に気にかかる資格と言えます。

 

ますたん
基本的には2級以上を取得しておくと良いです♪

 

3-3.狭く深い

狭く深い

 

最後に、深く狭いです

 

出題されている内容を考えると、網羅的に一回で出題される印象はありません。

 

ヤマを張ったら当たって受かってしまうこともあるくらい、詳細な出題が見受けられます♪
ますたん

 

逆を返せば確実に合格しようと思えば、かなり丁寧な勉強が必要です。

 

ますたん
簿記の専門家になっていくにあたり、後に勉強が活きてくることでしょう♪

 

結論:日商一択

 

日商簿記一択な理由

・有名

・募集要項

・狭く深い

 

どれがいいか迷うのであれば日商を受ければ良いですが、他の簿記検定は意味がないわけではありません。

 

全商は繰り返して形式を覚えるのに適しており、全経は理論や基礎を学ぶにはかなり優秀です♪
ますたん

 

ですが、社会人の方は特に全経上級以外は、日商簿記検定を受けておくのをお勧めします。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog