Accounting(会計)

【アフィリエイト】売上の計上を適切に行うために考えるべき日【3選】

 

 

ますたん
アフィリエイトを行って気になるのが売上はいつ計上すれば良いのかです♪

 

期ずれを起こしてしまうと問題になってきます。

 

結論

結論から言えば、3つの日に着目していくことで分かりやすく計上できるでしょう。

 

1.アフィリエイト報酬

アフィリエイト報酬

 

アフィリエイト報酬は、直接商品を売るわけではありません。

 

つまり、広告主が承認をしなければお金はもらえないのです♪
ますたん

 

簿記を勉強したことないからしてみれば、売り上げはいつ計上すれば良いのか分からないことも多いです。

 

適切な時期に計上しなければ、税金を逃れるために売上を減らしたり、業績を上げるために売上を計上していると見られてもおかしくありません。

 

適切な時期に売上を計上し、同じ方法を継続していく必要があるのです。

 

2.期ずれ

期ずれ

 

売上を適切に計上していなければ期ずれを起こします。

 

ますたん
期ずれとは当期に計上されるべき金額が前期や次期に計上されてしまうことです♪

 

そうすることで前述したような、利益操作とみなされてしまうかもしれません。

 

期ずれを起こさない会計処理が必要なのです♪
ますたん

 

3.売上の計上を適切に行うために考えるべき時点【3選】

売上の計上を適切に行うために考えるべき時点【3選】

 

売上の計上を適切に行うために考えるべき時点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.発生日

発生日

 

先ずは、発生日です

 

ますたん
発生日とは、自分のブログなどから収益が発生した日です♪

 

つまり、ブログから商品が購入された日などを言います。

 

この日付で売上は計上しません♪
ますたん

 

取引は発生していますが、まだ金額が支払われるとは限らないからです。

 

3-2.確定日

確定日

 

次に、確定日です

 

広告により収益が発生したことが承認され、ASP が支払うと言っている金額と言えます。

 

つまり、何の問題がなければお金が支払われるのが確定しているのです。

 

ますたん
収益は客観的で確実でなければなりません♪

 

この時点で売上を計上することが基本的には正しいといえるのです。

 

3-3.振込日

振込日

 

最後に、振込日です

 

実際に預金などに振り込みがされた日といえます。

 

この時点で売上を計上するのは遅いです♪
ますたん

 

つまり現金主義に基づく売上の計上になってしまいます。

 

現金主義ではなく実現主義による場合確定日での計上が正しいのです。

 

結論:確定日で計上

 

売上の計上を適切に行うために考えるべき時点【3選】

・発生日

・確定日

・振込日

 

基本的には確定日で売上を計上すれば間違いありません。

 

ますたん
ただし、振り込まれた時にも仕訳が必要であることには注意しましょう♪

 

覚えてしまえばそこまで難しくないので、しっかり頭に入れておくとスムーズに会計処理が行えます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog